社長からのメッセージ

 

アカセ木工は、おかげさまで今年創業58周年を迎えました。アカセ木工マスターウオールの商品を愛していただく多くのお客様と関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

創業当時は桐箪笥を製造していました。桐箪笥は洗い替え(削って新しくすること)を繰り返すことで、親子3代4代と永く使うことができます。その考え方を引き継ぎ100年後の人たちにも愛着を持って使っていただける家具作りを目指しております。

うれしい時も、悲しい時も、楽しい時も、怒っている時も、帰る場所。それは家です。家は人にとって心地よく大切な空間です。日々の生活はドラマティックで大変で最高です。

家族とソファでおしゃべりしたり、友人とホームパーティしたり、もちろんひとりでゆっくりしたり。出張、旅行、仕事から帰って来たときに『やっぱり、家がいちばんいいなぁ』(No place like home)と感じてもらえる空間を提案いたします。

創業60周年には、岡山県里庄町にマスターウォールビレッジ(ウォールナットパーク)のオープンを計画しております。新たな取り組みにご期待ください。

これからも、変化の先頭に立って、素材にこだわり精進してまいります。

今後とも、皆様方の変わらぬご支援とご愛顧よろしくお願い申し上げます。

2019年7月 代表取締役社長

藤井幸治